こんにちは

本日は顔の血行と血管の役割についてのお話をします。

なんとなく顔色が良くない、顔全体が疲れた感じがする

くすんでいる感じがするといった場合、

原因のひとつとして、疲労やストレスによるお顔の血行不良が考えられます。

 

肌の表皮と皮下組織の間にある真皮内にはたくさんの毛細血管があります。

ここに(コラーゲン)、(ヒアルロン酸)、(エラスチン)と呼ばれる

水分やたんぱく質がお肌に弾力を与えています。

血管は真皮全体に分布し、その下の皮下組織内にある動脈や静脈に繋がっています

表皮にある(毛細血管)を通る血液が、酸素や栄養素などの必要な物質を細胞へ送り

反対に細胞から二酸化炭素や老廃物を血液に戻すという物質交換を行っています。

お肌に与える為の栄養を運ぶのが動脈の役割で、

新陳代謝によって溜まった老廃物を運ぶのが、静脈やリンパ管です。

筋肉が凝り固まってしまっている場所や睡眠不足などで血流が滞ってしまうと、

細胞が生きるために必要な栄養や酸素を十分に得ることができず、

結果肌の新陳代謝であるターンオーバーを遅くしてしまいます。

ターンオーバーの乱れはあらゆる肌トラブルの原因となります。

きれいな肌細胞が再生されなければ、お肌はハリや艶をなくしてしまうのです。

美容鍼は化粧品やマッサージでは届かないところまで刺激を入れることができます

悪く言うと鍼の刺激で肌を傷つけるような状態ですが、それを修復させようと

細胞が働き始めます。

定期的にこの刺激を受けることで、身体に悪い刺激ではないと覚えさせることで

今度は修復させるのにどうしたらいいのか等を血流や神経をめぐりながら

常に情報交換をしているような働き方に変わっていくのです。

鍼の刺激や打っている時間は短いですが、その中で細胞はフルに活動しています。

必要なものはそのまま残して、不要なものは外に出す、、、

この働きが肌の調子を少しずつ変えていきます。

また、当院の美容鍼は打った鍼に電流を流していきます。

筋肉にしっかりと刺し、一定のリズムで刺激を入れることで

普段使われてない奥の方の筋肉や、逆に使い過ぎて凝ってしまっていく筋肉を

動かすことで血流も促進されます。

血流を改善すると目の下のクマやむくみの解消にもつながります。

気になる症状がある方、美容鍼を体験してみたい方は

是非当院にご来院ください。

ホーム

048-797-6348