最近はパソコンやスマートフォンを使用する時間が増え

目を酷使することが増えてきました。

 

「眼精疲労」

目の疲れが取れず目を開けていることが辛い

目が乾く

目の奥がずーんとする感じがする

まぶたがけいれんする

しっかり寝ているのに目が充血している

目が疲れてくると首や肩も張ってくる感じがする

首や肩だけでなく頭痛もするようになった

など…

上記のような症状は眼精疲労が起きている状態です。

 

 

では眼精疲労はなぜ起こるのか

原因についてお話していきます。

 

1.栄養・酸素不足

目・首・肩付近の筋肉が凝り固まって血行が悪くなり

酸素と栄養がきちんと巡っていないことが、原因の1つとして考えられます。

目に栄養が行きわたっていないので、疲れを回復できないし、充血も治らないのです。

 

2.毛様体筋の疲れ

毛様体筋とはカメラのレンズの役割をしている水晶体というものの厚みを変えて

近いものを見たり遠くのものを見たりする時のピントを合わせる役目をしているのが

毛様体筋なのですが、この毛様体筋を酷使し続けると疲労が蓄積し

ピントを合わせる機能が悪くなり、目がかすんだり、ぼやけたり

そういうことが続くと周りの筋肉も固まってしまい頭痛などにつながっていきます。

 

 

ではこのような状態を予防改善するためにどうしたらいいのか。

 

パソコンやスマホを見る時間を短くしたり、休憩をしながら行う。

目を酷使することで疲労は蓄積されていきますので1時間毎に1回は休憩を取りましょう。

近くを見ていることが多いので遠くを見ることだけでも目は休まります。

また、肩や腕のマッサージをして緊張をほぐすと目の疲れも取れやすくなりますので

伸びをしたりストレッチをしたり、全身を動かしましょう。

机や椅子の高さ、姿勢、ディスプレイに対する目線の角度、距離、部屋の明るさなども

疲労につながりますので、自分に合った疲れにくい状態で行うようにしましょう。

 

また、ホットタオルなどで目を温め、目の周りのマッサージをすることも効果的です。

目の周りの皮膚は柔らかく繊細なのであまり強くこすらず、熱すぎないタオルで行ってくださいね。

 

 

それでもなかなか治らない辛い眼精疲労には鍼治療が効果的です。

鍼を直接目の周りに刺し筋の緊張を取り除いたり

眼精疲労に効くとされているツボを刺激したり

首や肩の筋肉の凝りをとり筋肉の緊張を緩め血液循環を改善させ

首から上に溜まっていた老廃物を流れやすくしたり…

そうやって眼精疲労によって発生した老廃物を

首や肩周りの循環を良くすることで回収しやすくし

目の疲れを楽にしていきます。

 

また、鍼やお灸は、自律神経のうち副交感神経を優位にさせることがわかっています。

副交感神経は、リラックスさせる神経です。

緊張したりストレスを感じたりしている間は交感神経が優位になっているので、なかなか疲れがとれません。

鍼灸治療で副交感神経を刺激することにより、普段の生活では取りきれない疲れやストレスが抜けていくのです。

こうして、眼精疲労の原因になっていたストレスや緊張などの精神的要因も、鍼灸治療で取り除くことができるのです。

 

しかし、1回の施術だけではすぐ元に戻ってしまいます。頭のマッサージイラスト に対する画像結果

ご自宅でのケアはとても大事なことですので

マッサージのやり方やストレッチの仕方などが分からない

どこのツボが効くのかなど何でもご相談ください。

 

鍼での治療は予約制となっております。

 

詳しい内容は→

ローズの花 鍼灸・整骨院 コモディイイダ豊春店

https://toyoharu.rose-no-hana.com/

皆様のご来院スタッフ一同心よりお待ちしております。