頭痛には

すぐに受診しないと危険なもの

日常的に起こるもの

などいろいろな種類があります。

ただ頭痛といっても痛みの起こり方によって

日常に起こる頭痛、慢性頭痛、脳の病気に伴う頭痛に大別できます。

 

頭痛の種類によって原因がかわってきたり解消法が変わってきます。

 

日常に起こる頭痛

・風邪や二日酔いなどが原因の頭痛

・風邪が治ったり、二日酔いがなくなる原因が解消されれば自然に治る

 

慢性頭痛

・原因となる他の病気がなく、繰り返し起こる頭痛

・いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、頭痛全体の約80%はこのタイプ
大きく「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられる

・頭痛自体が治療の対象となる

 

脳の病気に伴う頭痛

・くも膜下出血や脳出血など他の病気が原因で起こる頭痛

・急激に激しい痛みがあらわれることが多く、生命にかかわることもあるので注意が必要

 

今回は、8割近くの方が悩まされている「慢性頭痛」について詳しくお話したいと思います。

上記でも紹介しましたが慢性頭痛は「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。

 

『片頭痛』は、片側あるいは両方のこめかみから目の辺りにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。

回数は月に1~2回程度から、多いときには週に1~2回おこります。

酷い時には、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

また、片頭痛を起こす前兆として、閃輝暗点(せんきあんてん)というものを感じる方もいます。

閃輝暗点とはチカチカしたような光や、黒い点のようなものが見えると言われています。

片頭痛は、いったん治まると痛みはウソのように消えてしまい、普段は何の症状もありません。

そのため、痛み出したときだけ市販の鎮痛薬を飲んで、毎回我慢してしまう人も少なくありません。

しかし、片頭痛の場合、起こるメカニズムが違うので市販の薬では効かない場合もあります。

あまりにもひどい症状がある時はしっかりと病院で診察を受けましょう。

 

次に『緊張型頭痛』の特徴は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが30分~7日間続きます。

また、肩や首の強いこり、めまい、全身のだるさなどを伴うこともあります。

緊張型頭痛の起こる原因は、身体的ストレスと精神的ストレスが何度も重なることによって起こると考えられています。

身体的ストレスとは、たとえば上半身を前かがみにしたパソコン操作や、車の運転、就寝時の合わない枕など

不自然な姿勢を長い間続けることや、身体の冷えなどがこれに当たります。

そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、こった状態になり、頭痛を引き起こします。

頭痛が起こったときには、適度に体を動かして筋肉をほぐしたり、マッサージや入浴によって血行を促すようにしましょう。

心身のストレスを上手に解消することで、緊張型頭痛を予防することが出来ます。

同じ姿勢をとらないように、日頃から適度な運動を心がけましょう。

 

次に『群発頭痛』ですが、緊張型頭痛や片頭痛と比べて患者数が少ないため、聞き慣れな方も多いと思います。

この名称は、群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こることからつけられました。

群発頭痛の発症する期間は、人それぞれですが、

たとえば、春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。

症状は「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、耐えられないほどの痛みだといわれます。

頭痛が起きている時はじっとしていられないほど激しく痛み、涙が出るくらいだと言われています。

群発頭痛の発症のメカニズムについては、まだまだ明らかにされていない点が多いのですが、

頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられています。

目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むといわれています。

予防としては日常生活のなかで、頭痛を誘発する要因をできるだけ取り除くことを心がけましょう。

群発頭痛は、飲酒やタバコなどが誘因になるといわれています。

群発期間は禁酒を守り、喫煙も控えてください。

 

色々なお話しましたが、慢性的な頭痛は、鍼やマッサージ治療で改善されるケースが沢山あります。

頭痛でお悩みの方はお気軽に当院にご相談下さい。

 

 

詳しくは下記をご覧ください。

ローズの花 鍼灸・整骨院 コモディイイダ豊春店

https://toyoharu.rose-no-hana.com/

皆様のご来院お待ちしております。